低金利フリーローン

困ったときには!安心・人気の低金利フリーローンピックアップ

素早い対応自慢なら:モビット

モビット

三井住友グループの安心感がありながら、
10秒で審査結果が表示される画期的なシステムが人気のモビット。
三井住友銀行か三菱東京UFJに口座があれば、
ネットでカードの申し込みが完結できます。
限度額は、800万円で即日振込も可能です。主婦やフリーターも
年齢満20歳〜69歳の定期収入ありで借り入れできるので、まずは相談してみるといいでしょう。

女性も安心:プロミスレディース

頑張る女性のお金の悩みを解決してくれる、プロミスレディース。
女性だと、店舗に出向いてお金の相談はしにくいもの、
プロミスなら、WEB申し込みだけで完結できます。
担保や保証人が不要なフリーキャッシングなら、
家族に見つかる心配もありません。

auユーザーなら:じぶん銀行

じぶん銀行

三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同設立した「じぶん銀行」のカードローン。
auユーザーなら見逃せないカードローンau限定割。
借り換えコース年3.4%〜12.5%。他社からの借り換え最大年0.5%の金利優遇、
誰でもコースなら誰でも年0.1%金利優遇の年3.8%〜17.4%。
限度額300万円まで収入証明書原則不要。
限度額は最大500万円で即日振込も可能。

1人で悩まないで!低金利フリーローンがついている!

金利とは、お金を借りた相手に支払う利息のことです。
話を単純化して計算すると、100万円借りたときに、5%の金利が入ると、
100万円 × 1.05 = 105万円 相手に返さなくてはいけないことになります。

 

当然、金利はなるべく安いところで借りるのが鉄則で、目先のお金に惑わされると、
金利の支払いだけで手一杯になってしまい、損をしてしまうリスクも。
最近では、かなりの低金利で「フリーローン」と呼ばれる、使用用途が自由なローン商品がでています。
金利の低さに加えて、主婦や他に借り入れのある方でも、
お金を貸してもらえるケースがあるのが助かるところ。
「お給料日までの生活資金に」「友達の結婚式が重なってしまって」、
お金が必要な理由は様々だと思いますが、1人で悩んでいても解決しません。
まずは情報収集をして、気になった機関に相談してみる事をお勧めします。

 

機関別低金利フリーローンの種類とメリット・デメリット

低金利フリーローンと一口に言っても、扱っている機関によって、
銀行・銀行系金融機関・消費者金融の3つに分類できます
。それぞれの特徴と、メリット、デメリットを見ていきましょう。

 

@ 銀行のフリーローン
「お金を借りる」となると、まず思い浮かぶのは銀行だと思います。
銀行のフリーローンは、金利も低く、信頼度が高いため、
人気がありますが、審査に時間がかかるのだけが難点です。

 

A 銀行系カード会社のフリーローン
母体は銀行なのでやはり安心感がありますが、本体よりはやや素早い対応が魅力です。
審査の基準も、本体の銀行よりは緩和されている傾向があり、はじめての方でも借りやすいのが特徴です。

 

B 消費者金融のフリーローン
「とにかく今すぐにお金が必要だ」という方は、消費者金融に相談するのが一番です。
審査次第では、即日融資をしてくれる機関もあり、非常に心強い存在です。
金利は、やや銀行より高いことも多いのですが、すぐに返済するようなら、大差ないと思います。

フリーローンの借り入れと返済について

どこやってお金を借りたらいい?フリーローンの借り入れから、入金まで

フリーローンを借りるには、まず目的の金融機関のサイトから、必要事項を記入の上、申し込みます。
申し込みから、どれだけ審査の時間がかかるかは、機関によってまちまちなので、
急ぎの方は必ず最初に確認しておくといいでしょう。
審査結果が届いたら、正式な申し込みを行って、入金をしてもらいます。

借りたお金はどうやって返すの?返済方法について

フリーローンであっても、返済方法については、まとめて返す「一括返済」、
何度かに分ける「分割返済」、「リボルビング払い」などの種類があって、普通のローンと同じです。
お金に余裕ができたときに、繰り上げ返済することも可能なので、
なるべく早めに返してしまった方が、金利の負担が軽くなっていいでしょう。
注意しなくてはいけないのが、フリーローンは信用が命、
返済日に遅れる事がないように計画的に準備を進めてください。
あまりにも悪質なケースでは、次の借り入れを断られてしまう場合もあります。

お金を借りるなら知っておきたい総量規制の基礎知識

以前は、主婦や自由業の方でも、比較的簡単にお金が借りられたのですが、
2010年から「総量規制」という制度が導入されました。
この法律で、年収の3分の1までしか、借り入れができなくなっています。
気をつけてほしいのが、これは「借り入れ」の総額なので、
機関を変えたら大丈夫、というわけではありません。
自分が全部でいくら借り入れをしているのか、正しく把握しておく事が大切です。